近道したい

高校生が日々の不満やストレス、日常のちょっとした出来事、ふと思い付いた事などを綴っていきます。

久しぶりに投稿

みなさんこんにちは。俺です。

 

あの忌まわしき文化祭から色々あって、2018年になりました。

 

あけましておめでとうございます。

 

冬休みも終わって、学校生活に戻ったわけですが、僕の精神状態はと言うと、なんと良好でございます。

 

 

相変わらず毎日話す友達はいませんが、毎日に充実感が出てきました。

毎日のルーティーンも安定してきている。

僕にはこれぐらいが丁度良いのかもしれません。

最近病気の祖母の看病のため、母が家に居ることが減り、部活をやっていない僕が家事をやるのですが、なんと!!結構楽しくできています。

 

思い当たる理由としては、自己否定をやめた事です。

納得いかないことがあるとき、仕方ないことだといつも諦めて人の言うことを聞く、俺より多く生きている大人の言う事は正しい。そう思うことが賢いことだと思っていました。

しかし、俺自身が納得していないまま、そのままうやむやにするのは逃げでした。

あるとき自分が自分の意見を否定してどうすると思い、そう言った納得いかない場面に直面したとき、徹底的に自分の意見を言うようにしたら、日頃から感じる鬱々とした気分が晴れていきました。

とにかく自分が納得しないことがあったら、その事実が変わらないとしても、その自分の気持ちをできるだけ話す。

 

すると相手が意見を返してくれたりして、自分が納得できる答えを出してくれたりします。そうすると嫌だと思っていたことが嫌じゃ無くなったりしました。

 

何も分からないまま自分を否定して、自分は社会不適合者だ、とか嫌な気分になるより、愚かになって怒鳴り散らした方が、精神衛生的にまだましだと気付きました。

 

僕は最後まで僕自身の味方であることを決めました。(なんかカッコイイ)

 

僕は学校でクラスメイトの会話を聞いて、くそつまんねえ話してるなと思っています。それで人と会話が続くことが少なく、友達ができません。

(変な話をしているではないのですが、なんと言うかテンションが合わなくて、つまんない、あの人達の中では上手くやっていけないな。と思ってしまう)

前の僕は、そう言う俺はどれだけつまんない人間なんだろう。と考えが過って、自分の意見から目を反らして、自分の愚かさの方にばかり目がいってしまっていたのです。

 

ですがあるとき、知り合いのおっさんや家族に、クラスメイトの会話がもうくそつまんねえんだよ、それで友達ができねぇんだよとかちょっと愚痴ったりしました。

彼らは僕に幾らかの共感や同情を示してくれて、こんな俺でも人は共感したり同情してくれんだな、と感じて、少数派だからといって俺が間違っているわけではない。みたいな?言葉にしずらいですが、安心感を感じました。

それからぼっちでも普通に楽しいです。

話しかけられたらそこそこ明るく対応できます。

 

友達ができるかどうかはともかく、コミュ力はこのまま鍛えていこうと思います。

 

 

イラッとしたことがあったら文句を言ったりしますが、人を許すのも得意になりました。

僕の親父と妹はせんべいのゴミを置いたままにしたり、食器を洗わないで置いたままにします。カレーの鍋とかフライパンとか油っこいものはすぐ洗って欲しいのに、置いたままで、料理を作らせたら包丁やまな板は出しっぱなしで放置。スーパーで買った惣菜とかのパックは洗わずに放置。

ダイハードのマクレーン刑事のように、

「俺は他にやる奴がいないからやってるだけだ。」

って感じでが僕がやることになります。

二人はのんきにテレビを見てます。

事を書き起こしてみると僕は沸点が低いなと思いますが、僕はそんないい加減な彼らに凄くムカついて指摘します。ですが、聞いてくれません。

そこで俺はじゃあ俺が全部やってやるって勢いで家事をやりまくり始めたら、以外に嫌じゃなくて今に至る。

 

こんな感じで今まで平和な日々を過ごしておりました。

 

最近、学校で見た映像の世紀と言う番組にはまって、お年玉でdvdを買った。

高かったけど後悔はしていない。

面白い。

 

 

あと最近はネットをやり過ぎないようにしている。

ネットをやると脳が動いた気持ちになってしまうので、体が動かなくなるため。

 

今日の一句 

 

冬休み

明けて早々

インターネット

 

字余り